華月流

華月流

華月流とは

あらゆる空間を飾り、
楽しめる花を

初代家元金丸秀華により、新しい時代のいけ花の発展と表現を求めて華月流は始まりました。

創流以来いけばなを通じて美の感覚を磨き植物の持つ造型の可能性を究め現代華から古来伝承の立華、古典華、ご家庭に飾る花まで、いけばなのあらゆる楽しみ方を演出できるようお教えしております。

家元挨拶

ー 花ひとりごと ー

それは美しいものである。艶やかな花、優しく咲く花、そして力強く大輪を開く花、こんな花々に心を寄せない人はいないだろう。
季々の草木の姿に触れ、花に囲まれ過ごす日のあることに幸せを思う。
しかし、この愛すべき花達は生けようとすると、これほどまでに気難しくなるものかと、途惑うほど様子を変えてしまう。
こんなとき父の口癖だった「花は花が行きたいと言うところへ持って行ってやればいい」を思い出すが、それまでにはまだ時間がかかりそうだ。

最近、いろいろな外国の人たちとお目にかかる機会にめぐまれて、彼らの愛国心の大きさには本当に驚かされる。
当流にも、華道に惚れ、いけばなの魅力にとりつかれた1人のコロンビアの女性が勉強に来ている。彼女の考え方は現代の日本人よりも日本の伝統文化に関心を持ち、日本人以上に日本の伝統文化に誇りを持っているのが感じられる。
今後の日本をしょって立つ若い世代の人々も、もう少し日本の伝統文化に誇りを持ち、日本という国を理解し日本独自の文化を大切にし、日本の心を後世につたえてゆくべきではないだろうか。

華月流 家元 細川 伯秀

華月流の歴史

華月流は1941年に初代家元金丸秀華により、朝鮮にて、新華道華月会として発足しました。
当時の古典花の全盛の時代に、いけばなの新しい可能性に挑戦して造形いけばなを追究研鑽し、昭和24年に行われました第一回文部大臣招待展に、香川県を代表して出瓶、以後毎回出瓶。
また地域華道文化の発展を意図し、昭和25年に四国華道芸術協会を創立、初代理事長として活躍しました。また昭和29年には西日本華道協会を設立。中・四国地区の華道文化の発展を願い理事長として活躍しました。以後34年に香川県華道協会理事長・41年に日本いけばな芸術協会理事・43年に四国いけばな芸術協会理事長などを歴任し、意欲的に華道の発展を願い活動しました。現家元細川伯秀は、昭和56年にそうした初代の後を受け二代目家元として積極的に活動し、従来の造形いけばなに加えて、いけばな本来の伝承花である古典生花・立華の様式をも充実させ、地域と共に発展すると言うことを大切に活躍しております。

流派の精神

日本の伝統文化としての「いけばな」にもっと親しもう
日本には世界に誇れる伝統文化としての(いけばな)があります。いけばなは私達に、清くやさしい美と愛の心を育ててくれる精神文化だと考えています。華月流はそうした考えで、いけばなを通じて美の感覚を磨き、大きな和の心を大切にして周りの人達にも思いやりの心と、美しいものに憧れるすてきなくらしが出来るように社会に訴えて参ります。
創流七十年を迎えます華月流が、古典と呼ばれる立華・お生花から生活空間に飾られるミニ作品まで、あらゆるいけばなの可能性に挑戦し、その精神的向上を目途として、少しでも住みよい、明るい社会づくりに寄与するために活動を続けて参ります。

華月流 家元 細川 伯秀

金丸 秀華
昭和16年 6月 朝鮮大邱市におき新華道華月会として発足
昭和24年 5月 第1回文部大臣招待展に香川代表として出瓶
昭和25年 3月 四国華道芸術協会を創立、理事長として活躍
昭和29年 西日本華道家協会を設立、中四国九州地区代表流派をまとめ理事長として活躍
昭和34年 4月 香川県華道協会を新発足する初代理事長となる
昭和41年12月 日本いけばな芸術協会創立結成準備委員となる・理事
昭和42年 3月 四国いけばな芸術協会創設初代会長となり以後歴任
昭和43年 3月 善通寺いけばな芸術協会創立会長となる
昭和43年 4月 第一回四国いけばな芸術展を高松市で行う
昭和46年 日本いけばな芸術協会常任理事
昭和46年10月 日本いけばな芸術四国展が高松市で開催され実行委員長を拝命
昭和53年 4月 香川県華道協会会長に就任
昭和56年 5月 家元を子息伯秀に譲り宗家を名乗る
昭和60年 4月 高松市茶華道協会会長となる
昭和60年10月 香川県教育文化功労
平成 5年 2月 死去
細川 伯秀
昭和21年11月 生誕
昭和39年 香川県華道協会事務局長
昭和39年 西日本華道家協会事務局長
昭和42年 四国いけばな芸術協会事務局長
昭和45年 日本いけばな芸術協会評議員
昭和54年 華月流家元を継承
昭和58年 香川県華道協会理事長に就任
昭和61年 日本いけばな芸術協会四国地区連絡事務所長
平成 5年 4月 高松市茶華道協会理事
平成 9年 高松市茶華道協会常任理事
平成12年 4月 高松市茶華道協会副会長
平成11年 4月 香川県文化会館友の会理事
平成16年 4月 香川県文化会館友の会副会長
平成19年 4月 日本いけばな芸術協会理事
平成20年 4月 香川県立ミュージアム友の会副会長
平成22年 4月 香川県華道協会会長
平成27年 4月 日本いけばな芸術協会評議員
細川 康秀
1974年 香川県生まれ。
『花のある生活を』をコンセプトに、日本の伝統文化であるいけばなの普及とアーティストとしての活動に力を注ぐ。
■華月流次期家元
■華月流華道専門学院副院長
■香川県華道協会事務局長
■日本いけばな芸術協会常任委員
■花いけジャパンプロジェクト理事

華月流本部研修会館

香川県綾歌郡綾川町羽床下1813

ACCESS MAP

主な作品